草原にゲイがただ1人

隠れゲイが、恋心とか思う事とか綴ります

【2日目】夢のような夜

最上級の宿とは…


グラスホッパーです


まさか

こんな所にあるとは…



まさか

こんな階段を上るとは…


雰囲気ムンムン


冒険の予感


異空間が待っている予感



お宿の外観は…撮り忘れてました




いにしえの宿

伊久

というところに泊まりました


宿泊費は…ググってみてください笑



ちなみに

全室に

露天風呂が付いてます


これは、沸かし湯だそうですが

檜の香りがするのと

大自然を見渡せるのと

最高です



大浴場は温泉です



もちろん写真はありません笑



夜は

茶懐石です


座付

茶碗蒸し

4種盛



これは、もう幸せの予感しかしません


存分に満喫するために

お酒もいただきます


参道ですでに飲んでますが

3合目までは飲んだうちに入らない!笑


飲んだうちに入らなくても運転はしませんよ?

そこは真面目人間ですので。



ともかく、お酒は美味しくいただくもの


ちびりちびりと飲みます



続いて

先椀

カマス

切飯

…なんだったけか。魚が入ってたのだけど…。


とにかく幸せの味がしたのは確かです



さらに

お造里



5種の煮物と口替りで枝豆豆腐とウニ


何というか

ウニだけは、東北で食べた方が美味。


北海道はさらに美味でしょうけど!!


まぁ、素材そのままで食べるときは

多少の当たり外れは致し方ないですね。



そして

松阪牛の岩塩蒸し

はい、ごめんなさい


撮り損ねました…



と思ったら動画で撮ってたので

スクショしてきました


口いっぱいに広がる肉の旨味と幸福感


たまりません


止肴は鯖


〆膳は手こね寿司


…手こね寿司って、何だったんだろう。

今更だけど。


普通に食べて良かったのかな


何か食べ方があったのかな…




水物

ナシ、マスカット、紅イモ羊羹




胃袋小さい系男子のグラスホッパーとしては

美味しいものがちょっとずつ出てくるとか

幸せすぎて病みつきになりそう



逆に


こんな贅沢な朝ごはんは

普段朝ごはん食べないグラスホッパーとしては

残すのが心苦しくて辛かったです


業突く張りなので

全部ちょこっとずつ食べました


ただ、最初に飲み物を選べるとのことで

野菜ジュースをお願いしたら

とっても緑な野菜ジュースが出てきて嬉しかった


ほぼ飲み終えてから撮るというね。




ちなみに、夜の茶懐石では

担当の給仕さんが付いてくれるんです

近くの数組をまとめてではありますが


贅沢な気分です


十分幸せだったけど

他のを給仕してたイケメンだったら

なおのこと幸せだったろうに…笑



もはや、彼がイケメンかどうか分からない


この旅ではフツメンもイケメン扱いかもしれませんから。



とにもかくにも

異空間のような素晴らしいお宿でした

【2日目】資料館そして内宮

チマチマブロググラスホッパーです


カタカナばかりで読みにくい…笑



さて

古市参宮街道を歩いていると

左手に資料館が見えて来ました



これもおそらくは

ここに住んでたら入らないであろう建物


かつて大いに栄えた時代の

あれやこれが展示されてました


そこに、見覚えのあるものが…!!


さっきの旅館や!!



資料館の方に話を聞くと

(というか、見学してたら話しかけて来て)


昔は参拝者のためにたくさんの宿があったけど

火事で焼けてしまったんですと

ちょっと離れた場所にあった

この旅館だけが残ったんですと


でもって、

一昔前までは民家も江戸の頃からあるやつだったらしいけど

道を広くするためにみんな建て替えたんだと

当時は保存することに関心はなかったみたい


で、この旅館はちょっと奥まったところにあるから

建て替えずに済んだんですと



だから

何かに引っ張られるように小道に入って行ったんだ


それほど、パワーを持ったものなのかもしれない



さらに歩いて行くと

今度は美術館を発見


フラフラひとり旅だから、何でもありです



ぐるっと一回りして

古そうな絵を見て

ちょっと一息休憩しました


それから

坂を下って

猿田彦神社



ここまで来ると

また参拝者が数多くいて

いままでの道に誰もいなかったのが怖いくらい


皆さま、

大きいルートか観光ルートを選んだのですね



神社内には

佐留女神社というのもあって

芸事の神様だったから

合唱とか日舞とか頑張りますって言って来た



そこから少し歩くと

内宮に続く賑やかな参道が見えます


魅力的なものがたくさんありますが

とりあえずは内宮を目指します


はい

やはり

写真は無しです


どこを見るにも

カメラ・スマホを介してしまうのが

本当にもったいない気がします、


お参りを済ませたら

あとは宿に向かうだけなので

先ほどの参道に戻って楽しみます



行きの道中

どうしても寄りたかったのが2箇所ありまして

そのうちの1箇所がこちら

「緑茶接待所」

スゴイ名前だ笑


何より売り子がイケメン!!


他のお客さんの後ろに並んで待っていても

「少々お待ちください」

と気にして声をかけてくれる

心もイケメン!


ようやく自分の番になり

グラスで一杯の緑茶を注文


他の人には、お盆に乗せて渡していたのだけど

「手渡しでもいいですか?」

と聞かれた


お盆無くなっちゃったんだろうか?


と思いつつも、気にせずに

「いいですよ」

と言って手を伸べると


グラスの受け渡しの時に

優しく手を握ってくれた



グラスを落とさないようにとの配慮だろうけど

わたし(グラスホッパー)は落ちました


何という接待だろうか


ドキドキを懸命に抑えて

さすがは観光地

さすがは観光地

商売上手

商売上手

と唱えてました


そう唱えながら店頭で緑茶を飲みつつ

イケメンを観察してると

お盆で渡したり

手渡ししたり

様々なのだけれど……


他の人の手は握っとらんやないかー!!


テンションおかしくなって

エセ関西弁でさけびました

もちろん、心の中で



飲み終わってから声かけようと思ったんだけど


突然、お客さんが次々に来て

すごく忙しくなったみたいで

ごちそうさまと呟くように吐いて帰りました



どうしても寄りたかった場所その2


酒蔵?


店頭でお酒を販売してて

その場でも飲めて

いい感じでした


お土産を買ったら

お酒飲んだ人は送料割引だって!


サービス満点、商売上手!!



色々と気分が良くなって

こんな買い物もしました


緑色のブレスレット真珠付


真珠1個だけで、しかも写ってないけどね笑


写真撮る時、緑色を意識しすぎた……笑



そんなこんなで

そのまま近くにある宿へと向かいました


この旅の中で

この日の宿が最上級でしたので

次回はどーんと宿編をお送りします


2日目ばかり長くてごめんなさいね

【2日目】伊勢参り道中

引っ張りますグラスホッパーです


夜にブログを書くものだから

長々書くと眠気が先に来ます

省略したら…

たぶん、四日ぶん全部書いてしまって

何だったんだか…ということになります


それだけ極端な人間なのです



ということで

今日は地元でもイケメンに恵まれたから

その話をしようか

旅日記を書こうか悩みましたが

大したことではないので

旅日記を!



坂道に差し掛かり

うんせうんせと登っていると

玄関先に暖簾を垂らしている家を発見



へぇ、すごいな


と思っていると

さらに



勝手に人の家をパシャパシャ撮りまくる…


何やら、後で聞いたら

地元の人たちで

「昔ながらルート」

改め「古市参宮街道」を盛り上げようと

暖簾を作ったらしいです



こらが、あちらこちらにかかってるんです


結構素敵な景観ですよ!


さらには

こんな昔は栄えてた的な

地元にあってもピンとこない系の標榜も

旅先で見つけると嬉しくなるものです



伊勢参りの道中

他の神社にもお参りしました



外宮と内宮の中間にあたる宿街の近くにある神社として、かつては多くの参拝者がいたそうな



今は交通の便がよすぎるあまり

その時は同じ道を辿ってる人がいなかったですが



個人的にもっと目を引いたのは

これ


ん?旅館の看板?


へぇと通り過ぎるところでしたが

何やら古めかしい雰囲気が漂ってました



あ、これスゴイ


勝手にどんどん近づいて

勝手にバンバン写真を撮る


旅の恥はかき捨て!笑



渡り廊下とかも雰囲気出てて素敵でした




この宿、覚えておいてください

次回のブログに再登場します



おまけ

寺もお参り


神社と寺では、

参拝の方法が少し違うらしい

と何となく聞いたことがあったので

ググる


便利な世の中だ…。


だれか居たら聞けばいいんだろうけど


さっきの神社も

ここのお寺も

人の気配がしない


寂しい



眠いので、続きは次回!

引っ張りますねー