草原にゲイがただ1人

隠れゲイが、恋心とか思う事とか綴ります

気分屋ミステリアス男子【番外編】

嫉妬に塗れたドブ色の心の持ち主グラスホッパーです


クロさんにしたLINE


奇跡的に早く既読がついたけど

既読スルーでした


そうかー

スルーかー


未読のまま毎日5のダメージを受け続けるより、

単発で30のダメージ受けた方が

楽だよね

たぶん


HPの残にもよるけど


そんなダメージを受けた後にね


女性とドライブしてるクロさんを見かけた


奥様とお買い物でしょうかねー


奥様でなきゃ、マズすぎでしょうねー




今日は、ウチが仕事で

クロさんは休み


ウチはたまにしかない外回り



なんで、

よりにもよってこのタイミング



会社の車だから

もしかしてクロさんも気付いたかな……



会えなくて落ち込んでて

見かけたら回復すりゃあいいのに

見かけてもダメージ受けるとか

精神状態ヤバすぎ


もうこれは、【好き】とは別の症状なんじゃない?


感情じゃなく

症状と言っちゃうあたり




過去回想にとどまらず

ナウなタルたんに頼っちゃう始末


タルたんにメールして

どーでもいい話とか

真面目な話とかして

会いたくなっちゃった


遠すぎるけどね笑





叶いもしない片想いに

いつまでもこだわって

近づきたいとか

仲良くなりたいとか

下心に蓋をして

平静を装って

気が狂いそうなのを堪えて

何してるんだろう







彼氏が欲しい笑



どうにかならないかと思って

「ゲイアプリ」なるものに手を出してみたけど


そもそも田舎すぎて人いない


徒歩生活だから

遠出してってことも難しい




そもそも、

「軽く遊んじゃえ」って感覚が持てない



いろいろ、こじらせ過ぎてるなー



心臓が痛い



タイトルを

気分屋ミステリアス男子にしたけど

メールしたよってだけの話



彼女いないんだって

あんなに人の心をくすぐる性格してるのに

彼女できそうなものなのになー笑

気分屋ミステリアス男子⑤

数日が遥か彼方、グラスホッパーです


先週の事業のことで、

労いの言葉をくれたお客様がいたのだけど、

いつの話してるんだろう

と思いつつカレンダーみたら

まだ1週間なのかと唖然とした


記憶の彼方に飛んで行ったよ


脳内のキューの容量が少なすぎる


押し出し方式で

過去がどんどん記憶の片隅に……


クロさんとラーメンから一ヶ月超

すでに思い出話のレベルなんですけど

思い出を更新したい


早く風邪治ってほしい


それから、

シフトが合うかの話がしたい


ずっと待てを食らってて

気が狂いそうです


ただ、そうだなんて言えないでしょう?


好きがバレるか

頭おかしいと思われるか


もう、すでに

どっちもだと思うけどねーー!!


「気のせい」が

「確信」に変わって

付き合い方が変わるのが怖いだけ



だから

今日もタルたん日記

会えない日々にもトキメキを


今日はもう眠いから短く



背中にピトリの日


前回の続き


続いてないけど


タルたん「髪伸びてきたなー」

ホッパー「切ればいじゃん」

タルたん「美容院行きたい」

ホッパー「行けばいいじゃん」

タルたん「床屋じゃなくてだよ」

ホッパー「知ってるよ、ウチは美容院だし」

タルたん「え、その髪型で?」

ホッパー「何だっていいでしょ!」

タルたん「どこ行ってるの?」

ホッパー「スーパーの向かい」

タルたん「俺もそこに行く」

ホッパー「行けばいいじゃん」

タルたん「一緒に行こうよー」

ホッパー「美容院に?」

タルたん「美容院に!」

ホッパー「はあ、まあ、良いけど」

タルたん「じゃ、土曜日な!」

ホッパー「はあ」

タルたん「いつも冗談ばっかだけど、これはマジだからな!」

ホッパー「お、おう…」

タルたん「土曜日、無理矢理でも連れてくからな」

ホッパー「う、うん」


勢いが半端ない


美容院デビュー?笑



そして、帰りがけ

タルたん「お前んちに盗聴器しかけていい?」

ホッパー「え、いみふ(意味不明)」

タルたん「俺いない時になに喋ってるか気になるじゃん」

ホッパー「え、いみふ」


いいけども、

盗聴器しかけてもいいけども

きっと、嫌いになるだけだよ


独り言多いし



そんな謎すぎる会話


日記に書いてあるからには、したんだろうなー

気分屋ミステリアス男子④

合わない、会えないグラスホッパーです。



昨日はおサボり日記失礼しました

毎日、何かは書かなきゃと思うような性格です


一昨日、

あ、「一昨日」って、何て読みます?

おとつい?

おととい?


辞書で調べたら

おとつい…「をち(彼方)つ日」の変化、おととい

おととい…「おとつい」の変化、昨日の前日

って書いてありました


おとついが先なのに、意味が正確に書いてあるのは

おとといなので、一般に使用されるのは

おととい

なのでしょうね


私はおとつい派です

私のブログに一昨日と出てきたら、

ぜひ「おとつい」とお読みください



閑話休題


一昨日、

1週間足らずとは思えないほどに

長い間避けられてたと

勘違いするくらいの落ち込みから脱しましたが



昨日から数日会えない予感です


確実に明日までは会えないでしょう


シフトが合わない

クロさんに会えない

さみしがり屋なグラスホッパーなのです


時の流れる感覚が

もっと早ければ

さみしさにも打ち勝てように


避けられてるかも?

と思ったのも、

実質、会ってたのは水曜と金曜だけ

それなのに

しばらく避けられてた感がありました


激レアスーツクロさんが見れなかった

担当事業からは、まだ1週間しか経ってませんが

すでに遠い昔の出来事のような思いです




とりあえず、今日のところは

タルたん物語を書いて

過去に想いを馳せます


時はまだ大学2年の春

大学時代は宝庫すぎて

長編シリーズになりそうです



ウチは血が出るような

漫画やらアニメやら映画やらは

極力避けているんですね


「鼻血ぶーっ」とか、

「転んでたらーり」とかならいいんです


血がダメなんじゃなくて

暴力や殺戮がダメなんです


当時「コードギアス」というアニメが流行ってて

タルたんも全話タイトルを覚えるくらい好きでした

面白いよと勧められて見た一話目で

何もしてない老夫婦が

いきなり部屋に押し込んできた奴に

銃で打たれたショックで見れなくなりました


お化けやホラーがダメとは伝えてましたが

暴力、殺戮系がダメとは言ってなかったので

仕方ないですが

すごく謝られました



ホッパー「ウッ、えっ、マジか……」

タルたん「ん、どうした?」

ホッパー「さっきのおじいさんとおばあさんが突然殺されたショックで心臓痛い」

タルたん「え、マジか、大丈夫?」

ホッパー「だいじょばない」

タルたん「一旦止めるな」

ホッパー「そうして」

タルたん「マジか、これ系無理系か?」

ホッパー「うん、それ系無理系」

タルたん「そっか、ゴメン」


そういって背中さすってくれた


あぁ、タルたんの温もり……


タルたん「ファンタジー好きだって言うから、空の境界もすすめようと思ったけど、あれもかなりエゲツないからなー」

ホッパー「血がドバー系?」

タルたん「かなり」

ホッパー「それは見れないわー」

タルたん「文字は? 文字でなら読める?」

ホッパー「文字なら多分いける。ファンタジー小説にも稀にあるから」

タルたん「じゃあ、本で貸すわ! ダメそうなら無理しなくていいから読んでみて」



そうして借りてきた本を

タルたんの匂いがする

とか変態ぶりを発揮しながら読んでました


休みの日に最後の半分を一気に読んで

よし、タルたんにメールして続き貸してもらおう

会う口実になるぞ


だなんて思っていた矢先


《🎵ピンポーン》


なんて、タイミング


心が通じたのでしょうか?


さすがに続きは持ってきてませんでしたが…

タルたんアポなし訪問


蒲団敷きっぱ

パジャマのまんま


恥ずかしい……


とりあえず、あがってもらって

蒲団をたたみ

お着替え


その時、背中にぴとっと

タルたんが触れてきて

思わず叫んだ


ホッパー「何してんだ、こらー!」


感情を殺すのが下手っぴです。


タルたん「ええー、ウケるー」


タルたんの魔の手

その掌の上でいいように転がされてました