草原にゲイがただ1人

隠れゲイが、恋心とか思う事とか綴ります

三度目でなければならないか…

くたびれグラスホッパーです


休みがなくて疲れ気味なので

先生のところに行こうと思い

昨日の午後、足を運んだのですが…

診療時間になっても明かりが灯ってない


あらら?

と思い、入り口まで行ったのですが

張り紙もしてないし


たしか、土曜の午後はお休みするようなことを

教えてもらったんだけど

今日は……聞いてないよなー



とか思いつつ

カフェに行って時間を潰してから

もう一回寄ってみたけど

やはり開いてない



残念に思いつつ

帰りました


今日は、午後休みだよなーと思いつつも寄ってみる


ちゃんと張り紙してました



ですよね




次はいつ時間あるかな


明日の踊りの発表会の前に行っておきたかったな

休みに休んでないという衝撃

今月の休みに休みがないグラスホッパーです


手話通訳の研修

書道教室

ダーツの大会

踊りの練習

踊りの発表会

歌の練習

デート❤️


手話通訳の研修は

頭使うし、体動かすし、何気に疲れる


書道教室は、集中する場面が多いから、何気に疲れる


ダーツの大会は、13時〜21時くらいだったし

その後飲みに行って1時くらいまでだったかな…



踊りは言うまでもなく疲れます

発表会が近いので、体だけでなく精神的にも



歌も来月本番だし



デートは、楽しいですよ

楽しいけど、楽しいほど、疲れますよね


特に、寝れなかったりするとね



仕事で割とストレスが溜まってるから

発散したくて予定詰め込みまくりなんだけど


発散だけじゃなく

癒しの日も必要だな……

ステージ別に悩みは尽きない

頭を動かし続けなければ死んでしまうのかもしれない

グラスホッパーです


遊泳性の魚は

泳ぎ続けなければ呼吸ができなくて死んでしまいます


思考性の人間は

考え続けなければ呼吸がままならなくて死んでしまうのかもしれません


真っ当なことを考えているうちは

有益な思考を行いますが

情緒が不安定になると

思考回路に歪みが生じて

考える必要のないことに時間を費やします

これを悩むと言います


脳は「月(にくづき)」なのに対して

悩は「心(りっしんべん)」です


体の一部を表すにくづきは

心が必要のない動物であっても持っていて

生存のために必要な処理をこなします


ただ、悩むためには心が必要で

その多くは、生存に直接関係のない無駄なことです


しかし、この無駄な心がなければ

人間の社会は成立しないでしょう


はたして、これは進化なのか、退化なのか



まぁ

良し悪しとは別に

新たに手に入れることを進化

持っていたものを失うことを退化

とそれぞれ定義付ける事と思いますので

無駄なものだとしても、手に入れたなら進化です




ところで、

書きたいことはそんなことではありません



今まで

恋愛においては片思いしかしてきませんでした

好きな人から好かれるなんて

それだけで幸せで、恵まれていると思ってました


ただ、一度手に入れたものは

失ってしまう可能性があり、それを恐れます



お互いを思い合って

時に求め合って

関係性が恋人であるかどうかは置いといたとして

2人の間にあるものは幸せな気がしてます



恋人かどうかが難しいのは


パートナーシップ制度が一部地域で認められていても

現実的に結婚に類する間柄になるかどうか

そこまで考えていません


一緒に生涯を共にすることができるのか


男女が結婚や恋人に求めること

それを意識したことすらありません



それを意識した上で

この交際を続けることができるのか


好かれるにはどうしたらいいかを考えなくなると

嫌われないようにするにはとか

同棲するとしたらとか

同棲しないとしたらとか

恋人とは何だろうかとか


考える題材が変わるだけで

考えなくてもよくなる訳ではないのです



顔がタイプなわけではない

体が好みなわけではない

映画の趣味も合わない

食べ物の趣味も食べ方も

好みの気温も違うし

いびきもうるさい(笑)


正直、今まで自分を求めてくれる人がいなくて

はじめて求めてくれる人と出会ったから

今もこうして関係が続いているような気がしてる



よく

妻又は夫の文句しか言わない人がいるけど

じゃあ、なんで一緒になったんだと思う


結局、愚痴は惚気なんだと思うようにしてる


何をもってパートナーを選び

何をもってパートナーと生きるのか



まるで理解ができない



悩みはいつまでも尽きない


考えることを辞めたら、死んでしまう気がするから


たとえ、思考が歪んでも

悩み続けることを止める方が怖いのかもしれない