草原にゲイがただ1人

隠れゲイが、恋心とか思う事とか綴ります

気分屋ミステリアス男子⑤

数日が遥か彼方、グラスホッパーです


先週の事業のことで、

労いの言葉をくれたお客様がいたのだけど、

いつの話してるんだろう

と思いつつカレンダーみたら

まだ1週間なのかと唖然とした


記憶の彼方に飛んで行ったよ


脳内のキューの容量が少なすぎる


押し出し方式で

過去がどんどん記憶の片隅に……


クロさんとラーメンから一ヶ月超

すでに思い出話のレベルなんですけど

思い出を更新したい


早く風邪治ってほしい


それから、

シフトが合うかの話がしたい


ずっと待てを食らってて

気が狂いそうです


ただ、そうだなんて言えないでしょう?


好きがバレるか

頭おかしいと思われるか


もう、すでに

どっちもだと思うけどねーー!!


「気のせい」が

「確信」に変わって

付き合い方が変わるのが怖いだけ



だから

今日もタルたん日記

会えない日々にもトキメキを


今日はもう眠いから短く



背中にピトリの日


前回の続き


続いてないけど


タルたん「髪伸びてきたなー」

ホッパー「切ればいじゃん」

タルたん「美容院行きたい」

ホッパー「行けばいいじゃん」

タルたん「床屋じゃなくてだよ」

ホッパー「知ってるよ、ウチは美容院だし」

タルたん「え、その髪型で?」

ホッパー「何だっていいでしょ!」

タルたん「どこ行ってるの?」

ホッパー「スーパーの向かい」

タルたん「俺もそこに行く」

ホッパー「行けばいいじゃん」

タルたん「一緒に行こうよー」

ホッパー「美容院に?」

タルたん「美容院に!」

ホッパー「はあ、まあ、良いけど」

タルたん「じゃ、土曜日な!」

ホッパー「はあ」

タルたん「いつも冗談ばっかだけど、これはマジだからな!」

ホッパー「お、おう…」

タルたん「土曜日、無理矢理でも連れてくからな」

ホッパー「う、うん」


勢いが半端ない


美容院デビュー?笑



そして、帰りがけ

タルたん「お前んちに盗聴器しかけていい?」

ホッパー「え、いみふ(意味不明)」

タルたん「俺いない時になに喋ってるか気になるじゃん」

ホッパー「え、いみふ」


いいけども、

盗聴器しかけてもいいけども

きっと、嫌いになるだけだよ


独り言多いし



そんな謎すぎる会話


日記に書いてあるからには、したんだろうなー

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。