草原にゲイがただ1人

隠れゲイが、恋心とか思う事とか綴ります

剛力?

彩芽ではないです

グラスホッパーです


むしろ、

ゴーリキーです


私のひねくれ根性を

ものともしない自己中っぷりで

一瞬素直にさせてくれるのが


クロさんなのです



好きで

好かれたい


という気持ちが無くならないまま


好きあえないなら

嫌われるなり

嫌いになるなり

この関係を潰してしまおう

と思ってしまうのです


でも

クロさんは

振り向かないし

寄り添ってもくれないのに

極上の優しさと

甘い言葉と

楽しい時間をくれます


私は

ひねくれまくると


好かれるはずはないから

想像力の限りを尽くして

クロさんの言葉をネガティヴに捉えます



「大丈夫、何も気にするな」


「大丈夫、(お前に興味はないし、どんなことをしようが、何を言おうが、俺にとっては微塵も意味がない上に、3月で関係も切れるんだから)何も気にするな」


くらいの被害妄想



今まで

私がネガティヴモードになると

誰も相手にして来なくなるくらい

ひねくれまくって

時間が解決するのを待たなきゃいけないような

いつまでも子どもな私なんですが


クロさんの剛力っぷりは

半端ないです


お互いの考えがかみ合わないと

言い合いをして

喧嘩もするし

それでいて

ネガティヴモードになると

とにかくあっさりしたフレーズで

構い続けてくれる


「めんどくせぇなぁ、

早く戻らんかなぁ

パズドラしたいんだけど…」

と思ってるだけでしょう


パズドラしたいんだけど

と思ってるかもしれない

と思えるだけポジティブ


たぶんだけど

私は

好きじゃない人から告白されたら

断った上で

関係も絶つと思うんです


だから

嫌な思い出のあるゲイから好かれて

絶対無理だと拒絶した上で

こんなにも親しくしてくれることを

素直に受け止められない


メチャクチャなんです

心は

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。