草原にゲイがただ1人

隠れゲイが、恋心とか思う事とか綴ります

愛に染まれば

悩める子羊グラスホッパーです


哺乳類なんだか、昆虫なんだか……笑



人生って

愛の模索でもあると思うんですよね



色んなモノに対して

色んな形の愛がある

生物学的な「人間」という種の保存

子孫を残す

ということ以外の無駄な活動を始めた人間は

答えの見つからない

「愛」を模索することでしか

人として生きる意味が見出せないんじゃなかろうか




とか、無駄な悩みを増やしてます


いつも、自分の首は自分が絞めてる

そんな気がするのです



たぶん、それが心地よいと

脳が誤解してるんです



というか、

私の脳はそれを気持ち良いと思ってるんでしょう


困った脳だ



私はまだ

愛のカケラが足りなくて

ガムシャラに探し回りたいのに

見つからないことを恐れて

探しに出ることをしないでいる


手に入れられないことを恐れて

手を伸ばせずにいる




だから、

こうしていつまでも


同じ場所で足踏みしてる

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。