草原にゲイがただ1人

隠れゲイが、恋心とか思う事とか綴ります

本当は

全然わっかんねーよ!

グラスホッパーです



もう、事細かに

クロさんとのやり取りを

再現する余力はありません



唐突に

前に私が言った

ホッパー「エログロホラー禁止」

の中から


「エロ禁止」


だけについてぶり返してきて


なぜ?


なぜ?


と、予想していたくせに

クロ「全く予想できないのですが」

とか言って聞いてきた



それで

過去の

話をして


最終的に

ホッパー「女性に興味がありません」

とカミングアウトしました


そうしたらば

そうだろうと思っていた


さらには、自分のことを好きであろうとさえ

何となく察していたと


それは4月の終わり頃からだと


この出来事で察したと





まぁ、嫉妬を露わにしたので

そりゃあ気付きますよね






それで、何を言ってきたかといえば

クロ「無理なものは無理」

クロ「でも、何も問題はないから、パズドラは継続しましょう」

クロ「ゲイは田舎だと大変ですね、友達としてなら相談に乗りますよ」


※概要です、ニュアンスが異なる場合があります



釈然としません


こちらとしては

「バレた」だけ


それなのに、

いきなり友達として

なんて戻れるはずがない




ホッパー「今まで片思いして、本人に伝えたことはない」

と言ったら

クロ「そんなの終わらない迷路ですよ」

と言ってきた



だから

終わらない迷路から抜け出そうと思って

クロさんと友達に戻ろうと思って



ラブレターを書きました



ちゃんと告白して、

ちゃんとフラれようと思いました



昨日も今日も、

普通に話しました


きっと、クロさんの心の中では

「ほら、何ともない、こんなものさ」

だったのでしょう



今日の帰り際

クロさんにラブレターを渡しました


ホッパー「ラブレターを書いたので、もう一度、私をちゃんとフッてくれませんか」


そうしたら

クロさんの表情が変わって

クロ「それは違う、ダメです」

と言って帰りました


ラブレターは私の手元に戻りました



事務所にそのまま戻れなくて

ちょっとトイレを経由して

それから帰りました



しばらくして

クロさんからLINEが来ました



クロ「ちょっと甘くみてました、申し訳ありません、謝ります」

クロ「ガチだと分かった以上、対等ではいられません」

クロ「悩み相談なら受け付けますが、わたしに対してどうこうはもうダメです」

クロ「分かりますか?」


分かりますよ、ロジックは分かります


でも、絶対

クロさんはまだ甘くみている



ちゃんとフッてもくれないのに

気持ちの整理ができないままなのに

友達として相談は受ける?



何を言ってるんだか分からない



そりゃあ、

紆余曲折があって

最終的に友達に戻れるならいいさ


私は

「好き」の気持ちをぶつけることすら許されず

それでもまだそばにいさせようというの?


クロ「わたしは、そちらに行くことはないし、行こうとも思わない」

と断言されたから、希望はなくなったよ


それなのに

そばにいて良いというのは何?



ちっとも理解できない



クロさんのやさしいところが好きだけど

今ばかりは

そのやさしさが完全に仇になってる



ここで

怒り爆発すれば

嫌いになって

すぐに諦められるんだろう


怒りはなかなか湧いてこない


気持ちは落ちるばかりだ



なんだか

訳がわからない

頭が働かない


とりあえずの報告でした

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。