草原にゲイがただ1人

隠れゲイが、恋心とか思う事とか綴ります

ザラザラでカサカサ

個性と向き合いきれないグラスホッパーです


アレもコレも重ねすぎると

記憶がどんどん過去のものになっていく


まだ数日しか経ってないのに

ミュージカルはかなり昔話なんだけど

会う人会う人

ミュージカルの話題が尽きない



心の中で

「いつの話してるんだろう」

「いつまで続くんだろう」

と思ってしまいますが

みんな口々に思い返して話しているから

みんなの中ではまだまだ近い記憶なんだろう



私の脳内のキャッシュメモリが

機能してなさすぎるのかな


CPUの性能も低いから

処理速度が半端なく遅い




体験をするたび

会話をするたび

心が動くたび



どんどん記憶が遠ざかっていく



周りの人との

思いの違いが

好きな人との

思いの違いが

感覚の違いが

時間の違いが



個性なんだと思っていても


人それぞれ違うものだと

全員が微妙に違うのだと


全く同じ人などいないのだと思っていても


時々受け入れがたい



自分を素直に受け入れられないでいると

心は乾いてしまうね



心が乾いてくると

人との摩擦が増えるね



ますます

違いが浮き彫りになるね



何が素直なのか

何が素直じゃないのか

もう自分では分からなくなってきた

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。