草原にゲイがただ1人

隠れゲイが、恋心とか思う事とか綴ります

これもなのかな

酔いやすくなったかなグラスホッパーです


明らかにお酒に弱くなってるのがわかる



忘年会しかり

新年会では3合までと決めて飲んだのに

そこまで行かずに酔った


二次会では

歌いながら梅酒を2杯


十分に酔った


「次の予約があるから」

と追い出され

どこか空いてないかと

いつもの三次会の店に電話したけど

繋がらず


新年会は22:30という異例の早さで終了


たぶん、

ほぼ全てを取り仕切る

専務理事がここ数日体調が優れないからだろう


1人三次会では

同級生の店へ

梅酒を頼んだものの

半分くらい飲んだあたりで

眠くなってきた


昨日一昨日と事業が続いているからだろうな


で、ウーロン茶をチェイサーにしながら

なんとか梅酒を飲みきり

次の店に行くために水をもらった


四次会は

そろそろ一発で漢字変換してくれなくなる


何というか

いつもの店が3軒あるので

特に理由がない限り

飲みに出るときは3軒回る



居酒屋

ダーツバー

カラオケ居酒屋

の流れ


ダーツバーが一番の運試し


若い人が多い確率が高いからね

オーナーは3軒の中では一番年上だけどね



それで昨日は結構楽しめた


ウチは恥ずかしがり屋さんだから

自分から知らない人には声かけないんですよ

たとえいくら飲んでても

まだおじさんレベル低いから


というか、内向的だから


でも、3軒とも人と人とを繋げるのが

とても上手い人たちだから

どんどん知り合いが増える



最初お店に入ったとき

20歳イケメンとその友達

若めの客とオーナー

がそれぞれダーツをしていました


そこで私は梅酒を頼んで

店長と他愛もないおしゃべりをしてました


するとオーナーがいつものノリで

「ホッパーくんもダーツしよーよー」

とやって来ました


若めの客、ウチ、オーナー、店長

の4人でダーツをして

若めの客さんに「負けテキーラ」を飲ませる

みたいなノリでした


ちなみに最弱は私なのですが

飲む空気

飲ませる空気

の魔術のおかげで

ハンデをもらったり

代理投射があったりで

2戦ほど飲まずに済みました


ルールを変えての3戦目


点数を上げていく基本ルールの

カウントアップ

というゲームでいかに点数を低く終えるか

失投(0点)は+50点です


そこでもやはり負け

とうとう飲むことにしました

負けテキーラ


もちろん若くもない、か弱い私は

大きなグラスにお水をもらいながら飲みます



何という不味さでしょう



酔いは進んだかもしれませんが

逆に目は覚めました



その次は

さすがオーナー


隣で投げていたイケメンくんたちも巻き込み

イケメン、その友達、ウチ、若めの客

でゲームを開始


隣で投げるだけでなくて

一緒に投げられるなんて


一緒にプレイしてたら

話しかける方が自然だものね


がしかし

イケメンに見とれていたわけでは無いですが

2杯目の負けテキーラ



ここで、若めの客が帰って行きまして


終わるかと思いきや

オーナー参戦につき


3杯目の負けテキーラ



すでにテンションはおかしく


水は4杯目



そこへ同級生の年下彼氏くんが来て

「うっす、ダーツしましょ」

と、ちょっとキツイなぁと思ってたら

負けテキーラはしないでやろうとのことで

テキトーに投げて乗り切りました



そうそう、イケメン君はマイダーツ持ってて

その友達は持っていなくて

マイダーツ買っちゃえよ

的なノリになりました


パチンコで十万近く勝ったそうで

それならと思い

私もノリで買うように勧めまくりました


私はマイダーツ

持ってないんですけどね

買う予定もつもりもないんですけどね笑



で、本当に買うことにしたみたい

で、オーナーが追い打ちで

正規品のダーツケースも売りつけようとしてて

もちろん、ないよりはあった方がいいでしょうよ


ダーツに限らず

道具を必要とするものには

それをしまうものが必要です



そこで年齢確認


絶対にこの子ら年下だわ

という思いはあったものの

確信を得るために確認


そしたら20歳だっていうんだもん

若いなー


年下確認ができたので

ダーツケースは買ってあげました



そしたらイケメンくんが

「俺は一昨日20歳になりました!」

とかアピってくるから、

「おぉ、おめでとう!」

って言っておきました


そこで買ってあげるものないからって

現金つかませたら、変なことになるでしょ?



それから

新品ダーツでイケメンくんと

練習を始めたみたいなので

そそくさと席に戻って


店長にお会計を頼み、

せっかくなので一緒にお支払いしてきました



酔うと財布の紐が緩くなる性格かもしれません


貢ぐ確信があるのでクラブ系には行かないと

心に決めているんですが

そう決めておいて正解かなと感じました




五次会は

マスターのお母さんが誕生日ということで

挨拶に行き

一曲歌って

タクシー呼んで帰りました





なんていうか

まだ眠いです

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。