草原にゲイがただ1人

隠れゲイが、恋心とか思う事とか綴ります

turnover

ずっと遠くで見ていたかったんだ

きっとあなたは僕のこと

知れば知るほど嫌いになってく

思い出が一つ増えるたびに

二人の未来が一つ消える


僕が恥ずかしそうに一歩近づくと

あなたはやさしく笑いかけてくれる

まるで心が通じ合ったみたいな感覚で

同じタイミングで頭をかいて

一緒に話し始めたりなんかする

僕はいつまでもこれが続けばなんて夢見てる


ちょっと近くに腰かけただけで

すっとあなたは距離を置く

寄れば寄るほど嫌いになってく

僕があなたを好きになるたび

二人の未来が一つ消える


僕が知らなかっただけよく見ていると

あなたはやさしく笑いかけている

いつも周りが歩み寄っていきたくなるような

甘い表情で首を傾げて

楽しそうに話し始めたりなんかする

僕はやっと知ったこれが変わらない現実なんだ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。