草原にゲイがただ1人

隠れゲイが、恋心とか思う事とか綴ります

【2日目】資料館そして内宮

チマチマブロググラスホッパーです


カタカナばかりで読みにくい…笑



さて

古市参宮街道を歩いていると

左手に資料館が見えて来ました



これもおそらくは

ここに住んでたら入らないであろう建物


かつて大いに栄えた時代の

あれやこれが展示されてました


そこに、見覚えのあるものが…!!


さっきの旅館や!!



資料館の方に話を聞くと

(というか、見学してたら話しかけて来て)


昔は参拝者のためにたくさんの宿があったけど

火事で焼けてしまったんですと

ちょっと離れた場所にあった

この旅館だけが残ったんですと


でもって、

一昔前までは民家も江戸の頃からあるやつだったらしいけど

道を広くするためにみんな建て替えたんだと

当時は保存することに関心はなかったみたい


で、この旅館はちょっと奥まったところにあるから

建て替えずに済んだんですと



だから

何かに引っ張られるように小道に入って行ったんだ


それほど、パワーを持ったものなのかもしれない



さらに歩いて行くと

今度は美術館を発見


フラフラひとり旅だから、何でもありです



ぐるっと一回りして

古そうな絵を見て

ちょっと一息休憩しました


それから

坂を下って

猿田彦神社



ここまで来ると

また参拝者が数多くいて

いままでの道に誰もいなかったのが怖いくらい


皆さま、

大きいルートか観光ルートを選んだのですね



神社内には

佐留女神社というのもあって

芸事の神様だったから

合唱とか日舞とか頑張りますって言って来た



そこから少し歩くと

内宮に続く賑やかな参道が見えます


魅力的なものがたくさんありますが

とりあえずは内宮を目指します


はい

やはり

写真は無しです


どこを見るにも

カメラ・スマホを介してしまうのが

本当にもったいない気がします、


お参りを済ませたら

あとは宿に向かうだけなので

先ほどの参道に戻って楽しみます



行きの道中

どうしても寄りたかったのが2箇所ありまして

そのうちの1箇所がこちら

「緑茶接待所」

スゴイ名前だ笑


何より売り子がイケメン!!


他のお客さんの後ろに並んで待っていても

「少々お待ちください」

と気にして声をかけてくれる

心もイケメン!


ようやく自分の番になり

グラスで一杯の緑茶を注文


他の人には、お盆に乗せて渡していたのだけど

「手渡しでもいいですか?」

と聞かれた


お盆無くなっちゃったんだろうか?


と思いつつも、気にせずに

「いいですよ」

と言って手を伸べると


グラスの受け渡しの時に

優しく手を握ってくれた



グラスを落とさないようにとの配慮だろうけど

わたし(グラスホッパー)は落ちました


何という接待だろうか


ドキドキを懸命に抑えて

さすがは観光地

さすがは観光地

商売上手

商売上手

と唱えてました


そう唱えながら店頭で緑茶を飲みつつ

イケメンを観察してると

お盆で渡したり

手渡ししたり

様々なのだけれど……


他の人の手は握っとらんやないかー!!


テンションおかしくなって

エセ関西弁でさけびました

もちろん、心の中で



飲み終わってから声かけようと思ったんだけど


突然、お客さんが次々に来て

すごく忙しくなったみたいで

ごちそうさまと呟くように吐いて帰りました



どうしても寄りたかった場所その2


酒蔵?


店頭でお酒を販売してて

その場でも飲めて

いい感じでした


お土産を買ったら

お酒飲んだ人は送料割引だって!


サービス満点、商売上手!!



色々と気分が良くなって

こんな買い物もしました


緑色のブレスレット真珠付


真珠1個だけで、しかも写ってないけどね笑


写真撮る時、緑色を意識しすぎた……笑



そんなこんなで

そのまま近くにある宿へと向かいました


この旅の中で

この日の宿が最上級でしたので

次回はどーんと宿編をお送りします


2日目ばかり長くてごめんなさいね

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。